■青山トライアスロン倶楽部キッズ ヘッドコーチ 加藤慶一

私はこれまでたくさんのお子様の水泳指導や体育指導を行ってきましたが、
幼少期の運動・体育教育においては2つのポイントが重要であると考えております。
それは「遊び」と「自然」です。
「遊び」感覚で行うことにより「身のこなし」や「競争心」が養われます。
「自然」環境で行うことにより「危機管理能力」が養われ、生きる力が培われます。
トライアスロンはこのポイントに非常にマッチしているスポーツだと感じております。
スポーツの基礎はトライアスロンのトレーニングで培われると言っても過言ではありません。


トライアスロンをやることにより、強く逞しく、そして、自然にも人にも優しい
大人になってほしいと強く思っております。



kato
青山トライアスロン倶楽部キッズ ヘッドコーチ
青山トライアスロン倶楽部 育成・強化チームリーダー
公益社団法人 日本トライアスロン連合 初級指導員
港区トライアスロン連合理事
一般社団法人EARTH 副理事
日本水泳・水中運動学会 会員 

※元慶應義塾大学体育研究所水泳非常勤講師
※鹿児島県出身、慶應義塾大学環境情報学部卒