先週の日本トライアスロン選手権がまだ記憶に新しいところですが、
今年最後の港区ジュニアトライアスロン教室が決定しました!
2020東京オリンピック・パラリンピックトライアスロン競技開催地お台場の
お台場学園にて、現役トップトライアスリートを招き
青山トライアスロン倶楽部協力のもと、
開催いたします。

講師は、第25回日本トライアスロン選手権(お台場)・第23回日本ロングディスタンストライアスロン選手権(佐渡)のダブルで男子優勝の北條巧&女子2位の岸本新菜選手がスペシャルゲストコーチ!
現役トップトライアスリートの指導は昨年に続き2回目です!
もちろん青山トライアスロン倶楽部の経験豊富なコーチ陣も一緒にお待ちしております。

かけっこが速くなりたいキッズ、水泳が上手に泳げるようになりたいキッズ、
バイクが速くなりたいキッズ、
パパやママと一緒にトライアスロンに挑戦したいキッズも大歓迎です。


★2016年11月4日には、私ども港区トライアスロン連合他競技団体が港区と連携協力に
関する基本協定を締結しました。★

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、みんなで盛り上げていきましょう!
トライアスロンを全くやったことのないキッズも大歓迎です。
ぜひお早目にエントリーくださいね。

■募集要項

【開催日】2019年12月7日(土)9:00~12:00
【会場】港区立お台場学園(港陽中学校体育館・プール)
【講師】北條巧・岸本新菜・関口秀之

     
【対象】港区在住・在学の小・中学生(クロールで25m以上泳げること)
    *港区外のキッズや25m泳げないカナヅチキッズ、高校生以上のジュニアで
    トライアスロンに興味がある子がいましたら、その旨明記の上お問い合わせください。
【費用】無料
【持ち物】水着一式・ランニングできる服装とシューズ・ドリンクその他
【締切】2019年12月5日(木)
【主催】一般財団法人港区体育協会、公益財団法人東京都体育協会、東京都
【主管】港区トライアスロン連合
【協力】お台場学園、青山トライアスロン倶楽部キッズ

■お申し込み先(1のオンラインフォームが便利です)

1)青山トライアスロン倶楽部キッズお問い合わせフォームから
  「その他ご要望欄」に教室名(12/7お台場学園ジュニアトライアスロン教室)
  を明記の上エントリーください!

2)下記メールアドレスまで、所定の事項を記入の上、お申込みください。
①教室名(12/7お台場学園ジュニアトライアスロン教室)
②郵便番号、住所
③氏名(フリガナ)
④年齢
⑤性別
⑥在籍学校、学年
⑦保護者名
⑧連絡先の電話番号
■メールアドレスはこちら
info@triathlonclub.jp

トライアスロンにすごく興味がある子は、青山トライアスロン倶楽部キッズの
無料体験も随時受付中です!
スケジュールはこちらから
泳ぎが苦手で25mや50mクロール泳げないという子がいましたら、水慣れクラスもあります!
無料体験レッスンのお申込みはこちらから

【講師プロフィール】

★北條 巧
所属先名:博慈会、NTT東日本・NTT西日本
生年月日:1996年4月7日(23歳)
2018年戦績:
第24回日本トライアスロン選手権(2018/東京・台場)優勝
NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/村上) 優勝
ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/ソクチョウ)2位
NTT ASTCアジアU23トライアスロン選手権(2018/蒲郡)優勝

競泳歴14年。知人などからの勧めから、トライアスロンに挑戦しようと思い、2015年大学入学をきっかけに本格的に競技へ取り組む。
同年日本ジュニア選手権で3位。その後アジアカップを中心に出場し力をつけ、2017年の日本トライアスロン選手権で4位入賞。
2018年にはASTCアジアカップラヨーン大会と大阪城大会で優勝を果たす。ASTCアジアU23トライアスロン選手権(2018/蒲郡)チャンピオン。
同年、10月の日本トライアスロン選手権で念願の初優勝を果たす。
ASTCアジアトライアスロン選手権(2019/キョンジュ)ではエリート男子・個人競技で2位(日本人最高位)、ミックスリレーで優勝に貢献する。
目標は東京2020オリンピック競技大会出場、2024年パリオリンピックで表彰台獲得。

★岸本新菜
所属先名:福井県スポーツ協会・稲毛インター
生年月日:1995年11月30日(23歳)
2018年戦績:
第24回日本トライアスロン選手権(2018/東京・台場)3位
第73回国民体育大会・福井しあわせ元気国体3位
NTT ASTCアジアU23トライアスロン選手権(2018/蒲郡)優勝
ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/アルマトイ)優勝

4歳から水泳を習い始め、小学3年生のとき、友人の勧めで競泳を活かせるスポーツ=トライアスロンに出会い、全国チャレンジKIDS
トライアスロン大会に初出場。中学2年生からは、転居をきっかけに競泳そしてトライアスロンをやめ、バレーボール部に入部。
高校では新しいスポーツに打ち込もうと思い、陸上部に所属し、中距離の400mと.800mを中心に活動。しかし、トライアスロンで
活躍する弟に影響され、大学でもう一度トライアスロン競技に打ち込みたいと決意。日本体育大学に入学すると、トライアスロン部へ
迷わず入部し、本格的にトライアスロンを始める。大学4年時にはインカレ団体4連覇、個人3位で世界大学選手権の切符を手に入れる。
また、アジアU23選手権2位、世界U23選手権29位と海外でのレースを経験し、世界で戦える選手になりたいと強く思うようになり、
大学卒業後も競技を続けることを決断。そして、福井県スポーツ協会に所属、強化拠点として稲毛インターを選び、社会人としての
競技活動をスタート。プロ1年目で日本選手権3位、アジアU23選手権優勝など、着実に力をつける。

2014年  日本体育大学入学。本格的にトライアスロンを始める。
2015年  初めてU23アジア選手権の代表入りをする。
2016年  国体8位入賞、インカレ6位入賞。
2017年  U23アジア選手権2位、U23世界選手権29位、インカレ3位。世界のレースを経験し競技続行を決意。
2018年  日本選手権3位、U23アジア選手権優勝、アジアカップ(2019/アルマトイ)優勝。

日本体育大学で学んだ柔道整復師の国家試験に合格したことで、身体のセルフケアを得意分野に持ち、粘り強さを武器に世界への
挑戦をスタートした岸本新菜の視線の先には、オリンピックロードが確実に見えてきている。


★関口秀之
青山トライアスロン倶楽部代表、港区トライアスロン連合理事長、
日本トライアスロン連合エイジ普及委員会委員、事業企画委員会アドバイザー、
日本トライアスロン連合公認中級指導者、日本体育協会公認トライアスロン指導員
青南小学校青南SCランニングコーチ、ウォーターセーフティー/ベーシックライフサポート

北條巧

岸本新菜